東京大学 植物病理学研究室

研究内容

研究内容

当研究室で研究している病原体について紹介します。

ウイルス

植物ウイルスの感染・増殖過程は宿主の代謝系を利用していることから農薬による防除が不可能です。現在では抵抗性品種や媒介昆虫の駆除、弱毒ウイルスの利用などさまざまな防除手法が実用化されていますが、これらの対策はあくまでも個々のウイルスや症例に対する各個撃破型の対策にとどまっており根本的な解決に至る方法ではありません。我々は先端的 な基礎研究を行う立場から、広範なウイルス種に共通した感染戦略・病原性発現機構を解明し、より優れたウイルスの防除戦略の確立を目指しています。

ウイルス研究の詳細を読む

写真:ウイルスに感染したチューリップ

ファイトプラズマ

ファイトプラズマは、1967年にマイコプラズマ様微生物(mycoplasma-like organism, MLO)として当研究室の故土居養二博士(東京大学名誉教授)らにより世界に先駆けてわが国で発見された植物病原微生物です (土居ら, 1967)。ヨコバイ等の吸汁性昆虫や栄養繁殖を介して伝搬され、多様な植物に感染し、世界中で1,000種類以上の病気を引き起こす重要病原体であるとともに、植物に黄化・萎縮・叢生・てんぐ巣・葉化・突き抜けなどのユニークな病徴を引き起こします。実は身近な病原体でもあり、葉化症状を呈するアジサイが品種登録されていた事例や、ポインセチアの萎縮・叢生形態にファイトプラズマが利用されているという事例が知られています(写真右がファイトプラズマ感染のポインセチア)。

ファイトプラズマ研究の詳細を読む

写真:ポインセチア

↑このページのはじめに戻る

業績

↑このページのはじめに戻る