ホーム

我々の思考や行動は脳を始めとする神経系により制御されている。脳が正常に働くためにはそれぞれのニューロンの機能およびニューロン間のコネクションが厳密に制御される事が必要であり、そのメカニズムの解明は精神疾患や、パーキンソン病やアルツハイマー病に代表される神経変性疾患の治療に繋がる。当研究室では、細胞生物学的観点からニューロン内での情報プロセス、ニューロン間コネクションの制御、成体における神経新生についての重要な課題の解決を目指している。

修士課程、博士課程から当研究室に参加することを希望される方(大学院受験希望の方)はe-mailで平林までコンタクト下さい。
東京大学大学院工学系研究科・化学生命工学専攻あるいはバイオエンジニアリング専攻から学生さんを受け入れています。